Google

2010年7月7日水曜日

スプレッドシートの不具合に悶絶

最近、Googleドキュメントで文書管理が中心になってしまっている自分がおりまする。
共有や遠隔共同作業の威力が魅力的で、ファイルシステム上のオフィス文書の大半を移行してしまったのだけど、しょっちゅう悩まされるバグがひとつ。

それはスプレッドシートの日本語入力問題。
セル編集中に突然日本語入力が効かなくなるといういやーな現象です。

MS-IMEだろうが、ATOKだろうが、GoogleFEPだろうが、どれを使ってても発生するから困りもの。
FEPオフにして英数字などを入れるとそのまま普通に入るんだけど、一旦出ると日本語は絶対入らない。うーん。

この現象が発生する際、前兆みたいなものがあります。
FEP変換中の文字列が勝手に2つ分並んで入ってしまうという現象がまず起きます。
この時、自動保存の機能が走りつつ、次の文字を連続で入れようとしていると、100%再現となります。
要は、比較的急いでがんがん文字を入力していると出るという、、、、。
実際問題、出ないときはでないけど、出る時は連続で発生します。むきーっ。
まあ、Ajaxの処理ミスなんでしょうけど。

一応回避というか対策はあって、画面をF5リロードすること。
発生時は自動保存が必ず走っているので、被害もほとんどありませぬ。

しかしバグ報告はしてるのに、いつまでたっても直る気配なし。
Googleさん、そろそろ直りませんかねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿