Google

2010年7月26日月曜日

アーキサイトが気になる

今回もキーボード話です。
週アスの後ろに載っていた、アーキサイトの新商品が気になってる今日この頃。
どうやら名前は「アーキス」ブランドの「I-T Touch」だそうです。

どう見てもFKBN91MのOEMですけど。
こやつはCherryMX黒茶青軸の3種類があるというマニア仕様。
茶軸好きの私の琴線が少し反応しましたよ。

でも肝心のアーキサイトHPには何にも書いてないんですよね。(2010/07/26時点)
あ、それは問い合わせしろってことですか引き合いしろですかそうですか。
じゃあネットで、と思ってもなんか誰も関心が無いのか、ぐぐっても引っかかる事もないのが不思議。


この外見は見たとおりFILCOのキーボードそっくりなんで、たぶん使い勝手も一緒。
しかし、色以外にFILCOとの大きな違いが。
それはケーブルの引き回し場所。
FILCOは殆どの機種において、真後ろど真ん中の高い位置からケーブルが出てます。
これが結構邪魔になることが多く、モニタの台に引っかかったりマウスケーブルが被ったりと大変。
この左右に出せるというのは地味ながらポイントが高いかと。

この赤丸の部分のケーブル出っ張りが、あー出っ張りがー。
3台とか大杉って意見は聞こえないw
この部分が真ん中から左に移動しても散らかってるのは変わらない、って意見も聞こえないw
さーて掃除してキーボード台設置でも考えるか、、、。

0 件のコメント:

コメントを投稿