Google

2010年7月21日水曜日

Googleドキュメントでgantter

スプレッドシートのガントチャート移転先、なんか見つかりました。
Gantterというサイトです。

Gantter

MS-Project互換機能がブラウザから実行できる優れもの。
特筆すべきは、日本語もおkな点とGoogleドキュメントへの保存。
特にGoogle chromeと相性がいいようです。
早速使ってみましょう。

相性がいいchromeで起動して、まずはアドオンを入れます。
これはGoogleDocからダイレクトに開く役割です。


そしたらトップのStartNowボタンを押してプロジェクト作成開始。
先日移転先に困ってたデータを入れてみましたよ。


うーん素晴らしい。
リソース割り当てもMS-Projectと同じだし、小規模で使うには十分ですね。
さらに保存方法は色々あります。


MSProjectでもいいのですが、GoogleDocの共有を最大限に活かすため、Ctrl+Gを選択。
初回の場合、以下のようなアクセス許可のダイアログが出ます。


この中の説明文にあるthis linkで設定しないとsaveできません。
押すとGoogleへのログインから、こんな感じに遷移します。


許可すると無事Googleドキュメント上に保存されます。
普通に開くとスプレッドシートになっていて、中身は圧縮されて読めません。
先程のアドオンが入ってると、Gantterで開くかどうか聞いてくれます。

これでメンバ同士での共有もらくらく。
Tracとか作るほどでも無い規模なら検討してみては如何でしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿