Google

2011年3月2日水曜日

FDClone環境

今日は備忘録。

root昇格しないとろくに作業できないlinuxサーバでWinSCPを使おうとして、、、、、。
WinSCPはsuに対応してないことを思い出しました。
コマンドでやればいいんだけど、俯瞰して見れるツールってやっぱ便利。
ってことでFDCloneを無理やり入れる事に。

FDCloneとは、簡単にいうとファイラーです。
MS-DOS時代に存在した秀逸なファイル管理ソフトで、これがないと始まらない位重要なシロモノでした。

本家の解説はこちらで。

で、CloneはそれをUNIX系OSで再現したものです。

RPMは駄目だったので、アーカイブをアップして解凍してmake&make install。
で、fdと入力すれば以下のような画面が。


上下左右でカーソルキーが動き、「d」で削除ができ、「e」でエディタが立ち上がる。
うーんとっても便利。

0 件のコメント:

コメントを投稿