Google

2012年7月30日月曜日

Unityでコインゲー開発話:冒頭

Unityの記事再開といいながら何も書いてないので少々。

タイトルの詳細は言えませんが、実はUnityで幾つかスマホゲーム作ってまして。
コイン落としゲームも何個かつくってます。
他所様ではメダルゲームを20分で作るという記事がありましたが、実際に作るとなるとかなり大変です。
じゃあ実際にどうやったのか?という経験話を少しずつ紹介します。

今回はまず検討する話から。

まずプロジェクトの最初にやったのは、Unity3.xがメダルゲームというジャンルにどこまで対応できるのか?という点でした。
20分でできる記事は無限にジャラジャラやってますが、スマホではCPUもメモリも限界があります。
なにより私が仕事してた時、Unityには以下の問題がありました。

 「シーン切替までdeleteオブジェクトがメモリリークしっぱなし」

シーンといのはFlashのシーンとよく似た仕組みです。
後々VerUp等でこの問題は解決されるのですが、当時は絶望的でした。
ここがクリアできないとどうなるか。

 「遊んでるうちに重くなって最後は固まる」

という、リジェクトされかねないリスクが合ったわけです。
シーンを切り替えるったって、タイトルとメイン画面、後はやってもオプションぐらいが関の山じゃないでしょうか。

事を進めるために私がまず決意し、実験したこと。それは、、、

 「インスタンスを自前管理する仕組みを作る」

という事でした。
Unity3がまだ早い時期だったので面倒だったのを覚えています。

この続きはまた次回。

0 件のコメント:

コメントを投稿