Google

2012年8月4日土曜日

Unityでコインゲー開発話:デモ

コインゲーム開発の続き。

今回は以前言っていたインスタンス管理のサンプルを公開します。
先日のクラス図をほぼ体現させた、必要最小限の構成になっています。

これはデモのスクリーンショットです。
実際に遊ぶには以下からどうぞ。
ブログに直接貼り付けてUnityPlayerのインストールとか出るとイヤな人が居ると思ったので別ページにしてあります。

 デモページへ移動

見れない場合、Unityをブラウザで見るためのプラグインを入れてください。
Win/Macの大抵の有名ブラウザに対応してます。

 Unity Web Playerダウンロードページへ

デモの操作は簡単、ボタンを押すとコインが落ちてきて、斜めの台を滑ってある高さまで落ちると消えます。
というか、それだけのデモです。

ま、WebPlayerだけでは何やってるか解らないので、今回は上記のプロジェクトも併せて公開します。
欲しい方は以下のアドレスからどうぞ。

Unityプロジェクトファイル(InstanceManageProject.zip/256,943byte)
SHA-1 Hash値:07D845B58612993D1EA82F3A00BBADDB5D869B40

商品にしたものはこれよりはるかに複雑ですが、基礎構造はよく似ています。
これはあくまで基本的な管理方法なので、ここから工夫して様々に修正、改良しやすくなっているかと思います。
このプロジェクト、ソースコードの著作権はANGEWORKに帰属しますが、内容自体は自由に改変・再利用して頂いて構いません。

クラス内部の詳細はまた次回紹介予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿