Google

2012年12月27日木曜日

Cookoo Watch開封の儀

以前の記事で紹介した「Cookoo」腕時計。
注文後、やっと届きました。アプリも配信開始されてます。
これで夢のBlueTooh生活開始だー。

ということで早速開封です。

小包が郵便で到着。
割れ物注意だそうです。
中身はこんだけ。すっかすかw
さすがに納品書はねじれてました。
多分日本がやると梱包材で埋め尽くすんでしょうね。
中身は夏に注文してやっと届いたBT4.0腕時計です。
ぶら下がってるタグは説明書。
梱包がおしゃれ。
商品名はカッコーなので、鳩時計がモチーフでしょうか。
これが反対側。
日本語のタグ説明も入ってます。
でも日本人のスタッフに一度見てもらったほうが、、、。
開け方は独特。
背面から床面に張ってあるシールを下から剥がします。
するとシールにくっついてる中身が抜き出せます。
取り出すと今度は下に丸いシールが。
取り出すためにはこれも剥がします。
左にねじると取れますとのこと。
はい、ぽこっと取れました。
後は外すだけです。
梱包物一覧。
説明書にはやっぱりカタコトの日本語も入ってます。
実際に見ると本体の大きさに対してバンドが細めです。
肌に触れる部分はマットなゴム素材。
横から見ると結構分厚いのがわかります。
でも高機能時計として見るなら軽いほうかも。
さて、取り出したらまずはアプリを準備。
この腕時計はBlueTooh4.0でスマホと同期し、情報を転送してくれます。
今回はiOS版でおこなってみました。
ちなみにiOSは5以上、4S以上かiPad第3世代以上である必要があります。
ダウンロードはこちらになります。

Cookooo Time to Connect
https://itunes.apple.com/us/app/cookoo-time-to-connect/id569014243?mt=8

無料なのでこちらは問題なし。
これをiOSに入れます。
完了したらここからペアリング開始。
こんな感じでインストールされます。
起動すると色々求められます。
通知するアプリなんで全部OKにしてしまいます。

アプリが起動したら、腕時計本体の左下のボタンを6秒長押しします。
これでペアリングが行われます。
やってみると「ピッ!」と「ブルッ!」の音と振動がよく通って少々びっくり。
これぐらいでないと都心で歩いている最中には気づきにくいのかも。
時計のデバイスを見つけた状態。
これが同期した状態。
腕につけると結構しっくりきます。
とりあえず今回はここまで。
使い込み記事等を今後書いていきます。

余談ですが、既に届いた状態で日本標準時に合わせてありました。
行き届いたサービスでとても良い印象です。

0 件のコメント:

コメントを投稿