Google

2013年5月14日火曜日

GoogleReaderの引越し先

7月に終わるGoogleReaderの引越し先を探してフラフラと数ヶ月。
今大本命と言われているのが「Feedly」なんだけど、chrome版を落としたら重かったりiOS版はGoogle Readerっぽくなかったりして個人的に今ひとつな感じ。
(2013/05/14現在、公式自体も重くて反応が悪いようです)

もしかしたら人気が出すぎて負荷に耐えられないのかもしれません。
こんなことでできるだけ元に操作感が近いものを探してた矢先、ちょっといいかなと思ったのが、今回紹介する「InoReader」です。

上のリンクは公式、以下はChrome Webストアです。

https://chrome.google.com/webstore/detail/inoreader-news-and-rss-re/hhglljfmpijadbpkalkclnhlncncdono/related

クロムで上記サイトに行くとこんな画面がでます。


インストールは右上の「chromeに追加」でおk。
成功すると以下のような画面が出てきます。単に公式に飛ぶだけですが。


素直にRegisterでもいいですが、簡単なのはGoogleかFacebookでの連携。
今回はGoogle連携なので左下のボタンを押します。


Googleリーダーへの許可を求められるので許可します。
すると最初の状態の画面に遷移します。


当然ながらまだ1件もありません。
これに今まで使っていたGoogleリーダーの設定を取り込みます。
黄色っぽい枠を見ると、設定に関する記載があり、その中から「import your subscriptions from Google Reader」を選択します。
これで自動的に取り込みを開始。

こんなダイアログが出て順番に取り込んでくれます
ねこ関連ばかりなのはスルーして下さいw
全件インポートが終われば右下のクローズボタンが有効になります。
これで全て完了、とても簡単でした。

Google Readerに結構近いレイアウト。
こんな感じで閲覧できます。
下にスクロールしたらGoogle Readerのように自動で過去の記事が追加されます。


一覧のうち、選択した記事が拡大されて他は閉じるアコーディオン方式。
画面右上にある設定マークの左にあるボタンを押せばGoogle Readerのように全て展開記事モードにもできます。

動作もキビキビとしてるし、なかなかです。
でも英語だし、、、と躊躇してるあなた、それも大丈夫です。
サイト右上の設定マークを押して設定画面に入りましょう。
Readingタブの中に言語設定があります。


日本語を選んでApplyで完了。


設定メニューも全て日本語になりました。
各記事のSHAREボタンを押せばSNSへの拡散も可能です。

よければお試し下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿