Google

2014年1月28日火曜日

HTML5で3Dゲーム:サイズと開発ツール等

ネタとなる情報はだいたい揃ったので今回はサイズとツールの話を。

言うまでもなくファイルサイズはゲーム開始までの時間に直結します。
ロード時間のベンチマークはFireBugやchrome等のDevelopper Tool等で確認できますが、無駄な送受信を省くためには最小限のローディングが望ましい訳です。

chromeの場合メニューの「ツール」→「デベロッパツール」で開きます。
Networkタブでローディング状況が確認可能です。
今回のゲームの場合は仕組みを以下のように分割したため、それぞれでまとめる必要がありました。

  • ゲーム本編用
    • enchant.js用にスプライト化
  • タイトル、GUI等
    • CSSスプライト化

分割した理由ですが実装作業を分担する必要があった点や、enchant.jsで全てを賄うとロジックが煩雑になるという点でしょうか。
全部enchant.jsで作っても勿論問題はありません。

そして、実際のサイズ削減手段ですが、enchant.jsで使われるスプライト構成は手動でした。
CSS用はこのブログでも紹介させて頂いたことがある「TexturePacker」に任せました。
オプションにはCSS用もあり、アトラスとCSSファイルを書き出してくれるため、非常に役立ちます。

Unityでお世話になってますが、CSSでもそのまま行けます。
ネタも大分出し尽くしたので、次でこの記事は最後です。
今までのまとめや細かい部分について補足する予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿